ネットでオーディオマニアの部屋と言うのをクリックするととんでもないもの!

が続々と登場します。部屋中がらくたであふれているのが多い。

 

スピーカーからアンプまで自作の人の部屋は機械が物々しく支配していて、

部外者の訪問を拒絶するようです。

 

金にあかせて昔の名機や今の高級機を集める人は、音は二の次の事が多く飾って悦に入る趣味。

一目で教養の高さを醸し出している部屋に出会うことはまずありません。

 

本をたくさん読み教養のある人ははなからオーディオ趣味に走ることはありません。

自分の好きな音楽を適度な音量で静かに聴くのを好むだけです。

ダブルウーファーのどでかいスピーカーでドラムのドスンバタンという音は論外でしょう。

 

最近お邪魔した知人は昔オーディオメーカーにおられたベテラン。

パーツや古い機器に詳しい詳しい。

家を建てるときに有名なオーディオの大家に諮り、特別なオーディオルームを作りました。

器械のほとんどはリセール価格の高いビンテージ品です。

どこからか探してきて昔の仲間のつてをたどって修理に出し、非常に高額な値段で

銀座のお店に転売しています。

 

オーディオ趣味にはいろいろあるのです。

これはびっくり。スピーカーの数はいくつあるのかな?