ともいえるオーストリアはウイーン製の真っ白なスピーカー、ルーメンホワイトをついに自宅に招き入れました。

10年ほど使用された中古品ですがまるで新品のようにつやがあり光り輝いています。

前からいつかはと思っていたスピーカーでしたが、縁あってオーディオののだやさんのお客さんが

新しいスピーカーを買うので下取り品として出されたものです。

お店に入った当初はあれ?という音でしたが裏を見るとスピーカー端子が新しいものに替えてあります。

友人が取り替えたそうではんだ付けも下手だったそうです。

 

そこで元のものに交換していただき再度視聴したら記憶どうりの良い音です。こんな小さな部品でも音は激変いたします。

オーディオは不思議です。

いよいよ我が家に運び込み部屋の片隅に転がってあった古いアメリカ製のスピーカーコードにつなぎました。

出てきた音は天上の音。

みんな口をあんぐりで腕に鳥肌が立っていました。

いずれクラシック喫茶を開店するときに運び込みます。それまで我が家で本妻のパトリシアンと主導権争いを繰り広げる予定です。

頭が痛くなりそうですが嬉しい悲鳴でもあります。

スピーカー史上最高の名機ルーメンホワイトダイヤモンドライト。

白い恋人と呼んでなでなでしています(笑)。