インプラント埋入予定部位に骨が十分にない場合自家骨を移植して骨形成を行う場合が多いです。持ってくる場所は患者さんの下顎のオトガイ部もしくは下顎の顎角部です。こちらはブロック骨移植の場合ですが、広範囲に骨の表層からボーンスクレーパーという器具を利用してカンナのように表層の骨を削り取り、特殊な膜で覆い数か月置いて硬い骨に変わった後でインプラントを行うこともあります。大きなブロック骨移植は大学の口腔外科にお願いし1~2歯の範囲はこちらで行っていますのですみわけが出来ていると思います。近くに大学病院があるのは仙台の歯科医師にとって極めてメリットがありますね。