現在、世界中に百社以上のインプラントメーカーがあると言われているが実態は定かではない。

先月小生の勉強会で発表してくれた後輩は、オランダかどこかで埋めたインプラントの上物を

作ってくれと来た外人の話をスライドで見せてくれたがそれは真っ白なジルコニアインプラント。

 

どこのメーカーかわからないので入れた歯科医師にメールをしたら

幸い日本で扱っている歯科医師にアバットメントを譲っていただいて事なきを得たそう。

見たことも聞いたこともないメーカーでした。

口腔内写真を見るとジルコニア製のインプラントのためか歯肉が極めて綺麗。

きっとプラークがつかないのでしょう。

 

インプラントの失敗の上位に来るインプラント周囲炎はインプラントへのプラーク付着に始まります。

硬くてチタンのように様々な形に形成するのが困難なジルコニアです。

それでも歯肉親和性の素晴らしさは特筆すべきものがありそうです。

いずれインプラントの主流になる日が来るのでしょうか。

こんな感じです。見た目もきれいで魅力的。