将来インプラントを予定している部位が抜歯の場合、抜歯後の骨の回復には千差万別があるといえます。あっという間に回復してインプラントができる方もいればなかなか骨が出来ずに一年近く待つ方もあります。

一般的には虫歯で抜歯した場合は早く、歯周病や大きな膿胞が出来ている場合は遅い傾向があります。とりあえず三か月をめどに必要があればCT撮影を行い、立体的に骨がどれほど回復できているか確認するのは大事なことです。二次元のレントゲンでは騙されることが多いので、インプラントを行う歯科医院はCT撮影機は必需品といえるとおもいます。転ばぬ先の杖、昔の人は良いことを言いました。