先週の土曜日と日曜日にバイオメット3iのインプラントベーシックコースを仙台市戦災復興記念会館でしらとり歯科医院の西村先生と共同で行いました。

インプラントの基礎から応用までを実習を交えて大変中身の濃い二日間でした。
一日目は私が主に担当してインプラントに必要な解剖と症例選択について話し、そのあとで正しい位置に埋入できるよう外科用テンプレートの作り方とそれを使用したインプラントの埋入実習です。

ibc_20130318

                      実習風景1

大学病院の歯周病科からも4人の若い先生が参加して熱心に実習をこなして行かれました。

大学院生や若い医局員たちですので砂に水がしみ込むように知識を習得できたと思います。

二日目は西村先生が二次オペから補綴の印象採得までを話され、実習ではピックアップタイプの印象採得を学んでいただきました。

さらにおまけで低融金属を使用して正確なリマウントを行うやり方を披露されましたがこれは私も始めてみる素晴らしい方法!大変勉強になりました。

西村先生は咬合に対する造詣がとても深くいつも教えていただく喜びを感じております。

昼食後に私のたくさんの症例を通してガイド治療で出来る様々なインプラント治療についてお話しした後質疑応答を経て終了となりました。

お世話になったバイオメット3iの後藤さんと相原さんそれに様々な商品の提供をいただいた3Mさんに深く御礼を申し上げます。