以前は二次元のレントゲンしか手診断の手立てがありませんでしたが現在はCTを撮って簡単に三次元のシミュレーションができるようになりました。それでも手術はますます丁寧になっているのは自分の誇りです。さて以前インプラントが入る場所がなく仕方なくオーバーデンチャーにしていた患者さんでしたが、今の技術でもう一度固定式に出来ないか調べてもらえないかとのお申し出でノーベルガイドで分析したら今度は何とかうまく固定式で出来そうでした。早速外科用テンプレートをスウェーデンに発注し二週間後に埋入手術を行い、その後3か月置いて型を撮り固定式の立派な歯が出来あがりました。年配の患者さんですがやはり自分の歯のように食べられるのは嬉しいことですね。とても喜んでいただきました。私は今はほとんど入れ歯を作ることはありません。