時々インプラントが動きますと言ってこられる患者さんがいます。

大抵は上物の歯を固定している小さなスクリューが緩んでいることが多いのですが、時にはインプラントが途中からぽっきり!折れていることがあります。

この場合大抵は異常な強い咬合力によることが多く、周りの歯もすりへっていることが大半です。

これはさまざまなストレスによることが多く女性に多いのも特徴です。

折れたインプラントは中空のトレフィンバーを使って慎重に撤去し、感染が無ければすぐに直径の太いものを入れるか骨の回復を待って入れるようになります。

たくさんインプラントを入れていると年に一人か二人はお見えになります。

20140704_upset-01

                                     インプラントの破損例。

今は大きなメーカーでは10年保証をうたっているので入れた10年以内であればインプラントは無償でご提供いただけるのがありがたいことです。

業界最大手のN社は自社製品で上物まで作った場合に限りすべて永久保証すると最近連絡をよこしました。ユーザ-フレンドリーですね。

でも自分の首を締めないか心配です。

車でも10年使えばほぼ廃車になりますのでそこまではどうなのかなという気もします。

20140704_upset-02

インプラントのプラットフォームが健全なら骨を削らず撤去キットで逆回転で簡単に外せます。こちらは韓国製。

シェア争いが熾烈なので各社ともユーザーへのサービスにますます拍車がかかって行きそうですね。