インプラントの初期には天然歯との連結が推奨されたことありましたが現在は避けた方がいいと言われています。これは天然歯は歯根膜があり動くけれども、インプラントは骨とダイレクトについて動かないため、連結するとインプラントが折れたり上部構造の歯が割れたりと言う不都合なことが起きやすいからです。一方症例によっては脱着式のもので天然歯とインプラントをハイブリッドで使用できるケースもあります。下がその例です。下顎はall-on-4で即時荷重を行い、上顎はテレスコープ義歯で解決した患者さんです。

%ef%bd%b3%ef%bd%bd%ef%bd%b2-%ef%be%8f%ef%bd%b702

初診時はすれ違い咬合でした。

%ef%bd%b3%ef%bd%bd%ef%bd%b2-%ef%be%8f%ef%bd%b703

上顎

%ef%bd%b3%ef%bd%bd%ef%bd%b2-%ef%be%8f%ef%bd%b704

下顎

%e7%a2%93%e4%ba%95%e3%81%be%e3%81%8d%e3%81%93%e5%88%9d%e8%a8%ba

初診時レントゲン像

%e7%a2%93%e4%ba%95%e3%81%be%e3%81%8d%e3%81%93%e5%ae%8c%e6%88%90

完成時レントゲン像。下顎はall-on-4上顎はテレスコープ義歯で。

%ef%bd%b3%ef%bd%bd%ef%bd%b2-%ef%be%8f%ef%bd%b707

%ef%bd%b3%ef%bd%bd%ef%bd%b2-%ef%be%8f%ef%bd%b710

テレスコープ義歯で4歯以上は極めて難しい技工操作が求められる。すべて白金加金使用。

%ef%bd%b3%ef%bd%bd%ef%bd%b2-%ef%be%8f%ef%bd%b709

無口蓋の快適なテレスコープ義歯の完成。なんでもバリバリ食べられます。脱着式なので掃除は簡単。