先日20年前に入れたインプラントの検診をした際にブリッジの中間の骨が異様に盛り上がっているのを発見した。これは今までもみられた現象で、たまたまスクリュー固定をした上部構造だったので外れていなかったのだが、セメント固定だと押し上げられた歯肉がブリッジを外してしまうこともある。その時はダミー下の粘膜は赤く変形していることが多い。

今日オールオンフォーの上部構造を装着した方はインプラント間の骨が増生したと考えざるを得ないほど骨が隆起して歯肉を圧迫していたので驚いた。完成した上部構造を入れようとしたら歯肉に当たり浮いて入らない。慎重に上部構造を調整し装着したがまことに驚いたことではあった。

抜歯即時インプラントで仮の上部構造をスクリュー固定し半年ほど置くと恐らくはインプラントに加わる刺激で骨組織が活性化し骨が出来てくるのだろう。一年前に入れた下のオールオンフォーもレントゲンで見るとインプラント間に骨が増加しているのが観察された。入れ歯は歯肉を通して骨を圧迫して吸収させるが、インプラントは直接骨に刺激を与えるので骨の安定には入れ歯よりよほどいいことが臨床的に証明されているようでインプラント歯科医として誇らしい気持ちになった。臨床は驚きの発見の連続です。