スギちゃんが珍しく背広を着ているなあとネットを眺めていたらスギちゃんではなく、髪を切って別人のようになった佐村河内守だった。

20150307

弱者に弱いマスコミが一番の問題だった今回の事件。大根役者にすっかり騙されました。
歯医者のHPも似たものがありますかね(笑)。

大好きな作家の林真理子さんのエッセーに人は見た目が9割とあった。実にその通りだと思う。

彼女は最初からこの男を偽物と見破っていたが小生も家族に怪しい奴だと言っていた。

まず風体が異様である。

これだけでも相当怪しいのだが、耳が聞こえなくて作曲したのなら作曲の才能は端からあったそう考えるのが普通で特にマスコミが言う天才なら子供の頃から書き留めた作品が部屋いっぱいにあるはずだが、そんな話はちっとも聞こえてこない。

モーツアルトはもう5歳くらいからピアノソナタを書いていたし、ロッシーニだって12歳の時にあの有名な弦楽ソナタを書いている。

最初からスギちゃんのようなあの顔で出ていればNHKも騙されることはなかったろうに本当に人を騙すのは簡単だね。

以前男の顔は履歴書だと書いたが歳をとって柔和な好々爺に誰もがなれるわけではない。

たいていは世間に揉まれてずる賢い顔になっていく。

それを防ぐにはいい音楽を聴き古典を読みいつまでも教養を高めていく他に道はないと思っている。

みんなで仙台にいいコンサートホールを作りましょう!唐突でしたか(笑)。