昨日銀座のオーディオショップの方が新しいスーパーオーディオプレーヤーを持って来宅されました。実はこの夏にサブシステム用にビンテージのプレーヤーを購入したものの、あまりの音の悪さに他機種との変更をお願いしていた物です。新しい英国製の重さ30キロにも達しようという重量級のプレーヤーは前日に我が家に届けられ昨日梱包を解かれ組み立てが行われました。一時間ほどかかり丁寧に組み立てられたそのプレーヤーから出る音はまさに異次元の音。素晴らしい解像度と静粛性に息をのみました。しかし肝心の音にどうも満足がいきません。解像度は良いが重心が高くふわっとした浮遊感や重心の低い低音が出てこないのです。とはいってもまあ個人の感想ですが。そうこうしているうち東京からスーパーアームを持参して輸入商社の技術者の方が着きました。こちらは先日購入したリトアニアのプレーヤーにお試しで取り付けるアームですが、なんとレーザー光線で針先を検知し常に最適な位置に針先をリニアモーターで移動してくれるというものすごいハイテクアームです。その効果は取りつけてすぐにわかりました。今まで聴いたことのない物凄い解像度と静粛性に全員息をのみました。結局サブシステムのプレーヤー購入は諦めて、新しいアームをメインシステムに組み込むことになりました。

アナログは古いと思われていますが手をかけるほど音が良くなる不思議な特色を持っています。レコードは保管にかさばりますがそれだけの価値はあるのです。今中古レコード市場が活気づいているそうです。外で飲んだりゴルフをするお金があったらレコードの一枚でも買おうという気持ちになるそれほどアナログの趣味は魅力的な世界です。皆様もどうぞ。

アーム後方のレーザー照射機から発せられた光が常に最適の針位置を検出し

アームをリニアモーターで動かすリトアニア製のハイテクアームREED5T。

設計した天才的な技術者は英語が話せないのが唯一の欠点だとか(笑)。

その音はまさに驚天動地!レコードがこれほど自然に鳴るとは。まさに異次元の音でした。