講師は私と西村先生。

私はブラブラで抜けそうな歯を一本も抜かずに全部残して抜けた部分にだけインプラントを行い

その後6年以上歯の安定が保たれている例を発表し、歯を残すことでどれだけ患者さんのモチベーションが上がってブラッシングが上手になるかをスライドでお見せしました。

プラークコントロールの大切さをいまさらながらに理解していただけたかと思います。

次は事故で歯牙をすべて失い骨も吸収してほとんど残っていない患者さんに行ったall-on-4の即時再建手術の症例。

上顎は左右同時サイナスリフトを行い5月にノーベルクリニシャンで設計しインプラント埋入予定です。

最期は同級生のインプラント手術で神経と動脈を避けながらインプラントを完成させた例でした。

西村先生は絶対ずれないリマウントの方法として先のバイオメット3i講習会でお話しされた内容を会員向けに実習を交えて懇切丁寧にお話しいただきました。

来月の例会の前に花見は終わってしまうのでしょうが今度の例会はお花見例会となります。

お酒や食べ物を持ち寄って歯科医師会館の前の公園あたりでにぎやかにやりますか!