27日土曜日に歯科医師会館でアカデミー例会を行いました。

今回は技工士さんのデビュー戦。新しいCAD/CAMクラウンが出来るようになったのでその解説をしていただきました。

いろいろなアレルギーの原因となる金属を使わずに作れるクラウンは現在様々な物があります。

型を取らずに口の中を機械でスキャンして精密に作れるシロナ社のセレックも当院に入っていますが、そのほかにも様々な物があり大きなブリッジも作れるようになりました。

アレルギーを気にせずに歯科治療が受けられるようになったのは嬉しいことです。

これからの治療はすべてその方向に向かうと思われます。

次にノーベルバイオケア社のS氏から新しいクリニシャンの説明を受けました。

先日ノーベルバイオケア社のシンポジウムで披露されたものですが今度はガイドの作成が簡単になりました。厚さm3ミリから2ミリと薄くなりスェーデンからアメリカにラボも変わったので早いデリバリーが可能になったそうです。

最後に私がノーベルクリニシャンを使用した骨造成のいくつかを示させていただき懇親会に移りました。

次に皆さんに会うのはシドニー行きの成田の空港です。しっかり勉強してくださいね。