21日に日本口腔インプラントアカデミーの例会が歯科医師会館で開かれました。

ゲストはカイマンデンタルの武藤さんと亀井さんで新しいレーザーロックインプラントの解説と埋入デモンストレーションがありました。

Biohorizon社のlazer-lokインプラントはインプラントのネック部にレーザー照射を行い歯肉の結合組織が強固に付着するように工夫されたインプラントです。

私も昨年から使用していますがバーの切れがよく、バーだけ求める他社のユーザーもいるそうです。

会社としては痛しかゆしと言うところでしょうが良いバーです。

アバットメント込みの値段が廉価なためこれから多いに市場に伸びていく可能性を秘めた良い製品だと思いました。

laserlok_20120623

Lazer-lokインプラントと
マイクロチャンネルの走査型電子顕微鏡画像
会員発表は私が行ったall on 4症例と熊谷先生の長くかかった症例です。

熊谷先生は以前に入れたインプラントを最近導入したCTで見たらいろいろ問題点が出てきて勉強させられた症例と、歯痛を訴える患者さんのCT画像にパノラマでは見えなかった根先病変を確認し、根管治療で症状の軽快を見たものの二つです。

おまけでJR東日本の大人の休日切符で行ったみちのく一人旅のお話しがありやはり旅は一人では寂しいということでした。私はいつも一人で海外に行くので一人旅は気楽でいいですが旅慣れないと話し相手がほしくなるのでしょう。

たまには外国の学会に行くことをお勧めします。
私は今日から札幌で専門医の教育講演に参加です。