先週土曜日に主催する日本口腔インプラントアカデミーの例会を歯科医師会館で開催いたしました。業者講演は京セラで珍しいインプラントです。本社は京都なので関西方面で販売実績がありますが関東以北ではマイナーです。昔最初にインプラントをしたのが京セラのサファイアインプラントでこれはあまりうまくいきませんでした。その後世界の風潮に会わせチタンのブレード型やブローネマルクの歯根型に変えて販売を行っているそうです。製品説明の中にいまだにHAインプラントがあるというので驚きました。欧米ではすっかり見向きもされなくなった製品です。

そのあと4月に東京のフォーラムで発表する私の30年間の症例から得られた話をお話しし、会員のS先生の症例相談に移りました。上顎骨が3ミリしかないのでソケットリフトを行い3iのショートインプラントで対応することといたしました。いろいろな道具が必要なので用意できなければ私のものをお持ちしたいと思います。ノーベルガイドで分析すると良くわかりますね。