最近ばねのない義歯のノンクラスプデンチャーを入れる機会が増えてきました。

患者さんが部分入れ歯を希望するときに問題になるのが前から見える金属の大きなばねでしょう。

最近弾力性のある材質を使ったノンクラスプデンチャーが出来て審美的で便利になりました。

一部内側は金属で補強したりもしますが基本的には見た目がすごくいい。

金属のばねがないのは患者さんへの朗報です。

上手な技工所に頼んでいるので無調整でピタッと吸い付くような適合です。

インプラントが出来ない高血圧や心臓病の方には素晴らしい補綴手段としてお勧めです。

歯科医療はまだまだ進化の過程です。