年末に家族でとあるレストランに入った。そう広くも無い店内に客はわれわれだけだった。食事も終わりにさしかかった頃レストランのママが飛んできて「お客さん、英語で話す人が来たので通訳してくれない?。」と突然頼まれた。

はいはいなんでしょうかと入口に行ったらアジア系の人間が小生に英語は話せますか?と聞いてきたのでええ、そこそこは話せますよと言ったら安心したらしく身の上話を始めてきた。自分はアメリカの旅行者で、安いホステルを泊り歩いて日本を旅行していて明後日には日本を立つつもりだ。ところが二日前に財布を落としてしまい困っている。警察や大使館にも行ったがまだ落とした財布は届いていず二日間何も食べていない。おなかがすいたので何かこの店で食べ物をいただけないかとの話だった。

胡散臭い奴だとは思ったがひとまず言われたとおりにお店のママに話しをしたら、二つ返事で「良いですよ、作ってあげるから食べて行きなさい。」とのありがたいお言葉。其の旅行者は何度も頭を下げて美味しそうに食事を食べ、おまけにお土産に明日の朝食までママさんに持たせられて帰って行った。さすがタイの人は違います。仏教の施しの心が身体にしみついていますね。国分町で飲み歩いている日本人の糞坊主共とは人間の出来が違います(笑)。感動しました。でもホステルにいるなら同じ境遇の貧しい学生の旅行者がたくさんいるだろうに。助けてくれと頼まなかったのか不思議です。人を疑えばきりがありません。会計の時にママに私があの人の分まで払いますよと言ったが「大丈夫ご飯はいっぱいありますから。」と笑って取り合ってくれなかった。会計時にお釣りの三百円はチップとして置いてきました。

情けは人のためならず。きっとママさんに大きな幸せが舞い降りてくることでしょう。

タイ料理ならここ!バンタイランナーです。

裁判所の近くの道路沿いのビルの二階にあります。

絶品トムヤムクン。ここ以外はまるで別物と言っていいくらい香辛料の種類が違います。

狭いけどタイ情緒あふれる店内です。入口にはタイの品物がたくさんあります。

辛くて美味しいガパオはタイ風挽き肉炒め。う~ん、辛いけどおいしい!

その他、ココナツミルクが入ったグリーンカレーや鶏肉をゆでたゆで汁で炊いたご飯のカオマンガイ

ガオパッキンやマンゴーの春雨サラダ、タイ風焼きそばなどどれも辛いけど朝鮮風ではないので

凄い数の香辛料のおかげで辛くても美味しく食べられます。