昔はパノラマレントゲンで大まかに計測して入れていたインプラントですが、

最近はCT撮影をしないインプラントなど考えられなくなりました。

 

どんなに小さな症例でも必ずCT撮影を行い、ノーベルガイドでシミュレーションを行い

患者さんに納得いただいてからの治療としています。

 

様々なテクニックを取得して自信満々だった以前にもましてガイドの威力は凄い!

と実感しています。

 

症例にもよりますが、あらかじめインプラントの深さを想定して

できるだけ審美的に計画できますし、

無切開でやれば出血や腫れもほとんどありません。

 

今日は半年前に抜歯した方のシミュレーションをして造骨の範囲なども計画できました。

 

インプラント治療に今では無くてはならぬツールです。

 

今度の日曜日に学会の100時間コースで生徒に講演いたします。