最近睡眠時無呼吸症候群の治療で有名な岡部先生のお話を聞く機会に恵まれました。

開業医の団体の保険医協会の勉強会で一時間半にわたり詳しい話しを聞くことができ最近の自分の症状は典型的なそれだと岡部先生のお墨付きもいただきました(笑)。

歳をとると誰でも眠りが浅くなります。そのためレンドルミンなどの睡眠導入剤を飲みますが翌日まで頭がはっきりしないのは困りものです。

そこで運動により末梢血管を広げて血圧を下げ疲れによる睡眠を促す作戦に出ていますがそれだけでは不十分なようです。

ぜひいらしてくださいと言う事でしたので休みの日に一度診察に伺う予定です。

でもとても混んでいて診断の機械の予約に三か月もかかるそうです。

おそらくCPAPという睡眠時に酸素を吸い続ける器械を装着することになるでしょう。

高血圧の原因は睡眠不足によるもののようですから薬をいつまでも飲み続けるよりはその方が体にも優しいようですね。

安いのから高いのまでいろいろあるCPAPですが高いのを買ってくださいと言っていました。

安物買いの銭失いにならないよう注意します。