最近メールや電話でのインプラントのお問い合わせが実に多い。

先だってNHKで師匠の小宮山先生がインプラントにまつわるお話をされていたのも大きいようだ。
お問い合わせの内容は大概が費用と期間、安全性、保証期間といったところだ。

忙しい時間を割いて出来るだけお返事は差し上げるようにしているが、ほとんどの場合それに対しての反応は無い。冷やかし半分と他院との比較で聞いてくるのだろう。

先日は細かい説明をFAXで送れなどというのもあった。
直接ご来院いただけば口腔内を拝見してしかるべき検査を行った上できちんと対応できるのだが、ひどいのになるとタダでCTを撮らせてそれを他院に持って行って値段を比較したいと言う。

小生のところはCT撮影は無料にしているが大学病院に行けば三万三千円取られますよ。
今はユーロ安でCTの値段も大分安くなったが3年前に買った時には目の玉が飛び出ました。

それでも患者さんの安全と安心を考えて導入したのです。
うちでは今のところノーベルと3iがメインです。これは世界の超一流メーカーであることが理由。

中には疑問を感じる製品もあるがそれは使わないので関係はない。

様々な理由で将来インプラントが駄目になった時もこれらのメーカーは保証してくださる。

失敗は無いほうがいいがそれでもどんなに気を使っても1.5%から2%程度のロストは出てくる。

そんなときに理由のいかんを問わずメーカーが保証してくれると言うのは歯科医院にも患者にも朗報以外の何物でもない。

車のメーカーがそんなことをしていたらたちまちつぶれてしまうことだろう。
費用は自由診療である限り独禁法に引っ掛かる協定値段は作れない。

高いからいいわけでも安いから悪いわけでもない。

先生にその医院の成功率を良く聞いてからやられるといいでしょうね。

今は韓国あたりでコピー商品が全盛時代でノーベルや3iのそっくりさんがばか安い値段で売られています。

東京の知人は趣味と実益を考えて一月おきに韓国に行くと言っていた。

趣味ってなんなのかはわからないがきっと凄くいいことなのだろう!?でもコピー商品は安全の保証はありませんよ。
”なんちゃってインプラント”には十分気を付けて、生涯美味しい食事を楽しまれることを祈念いたします。