土日と所用で横浜方面に行ってきました。沿線の桜はすでに半分散っていましたが公園はどこも花見客でいっぱいのようです。子供が小さいころに保険医協会で田舎の山に花見に行ったときカタクリの花が満開だったのを思い出します。カタクリは紫のかれんな花を咲かせ、桜の花のピンクと対比してとても美しかったのを今でも懐かしく思いだします。

山々はこれから藤の花が咲き誇るようになりますが、藤の花が咲くとフナやコイなどの魚が釣れなくなるんだよと小さいころ父に教わったのが都会では息子に伝えきれなかったのが残念です。子供の小さい頃は田舎で伸び伸び育てたいがそういう環境も今や貴重になってきた感じがします。童謡のうさぎ追いしかの山、小鮒釣りしかの川は遠く成りにけりです。