老人の死因で一番は肺炎です。その中でも誤嚥が多い。誤嚥とは間違って食べ物や飲み物が気管支の方へ入ることを言いますが、その結果口の中の細菌がその人の肺で繁殖し肺炎を起こして死にいたるのです。特に寝ている時に唾液を間違って飲みこむのが多いのです。寝る前の口腔清掃は極めて大事なのがわかりますね。

さてその原因となるのが気管支の蓋の部分の筋肉の老化と劣化ですがこれはカラオケを歌うことで鍛えられるといいます。ですから歳をとってきたら週に一度はカラオケに行き、大きな声を出して喉を鍛えるのがよろしい。カラオケにはもう一つ記憶をつかさどる海馬から昔の記憶を引っ張り出す効果というものがあります。これでボケ防止になる。ですからカラオケは一石二鳥の老化防止効果があると思って間違いありません。加齢は運命、老化は自己責任なのです。

もうひとつ街で知り合いと麻雀に興ずるのもよろしい。これは脳が最大に活性化されますね。終わったあとは体中がポカポカしているので血液の循環にも効果がありそうです。定年になったら積極的に社会とかかわりましょう。以上は今日のお昼ご飯を御馳走になった私のファイナンシャルアドバイザーI氏からの情報でした。I氏は御歳80歳にしていまだにゴルフも私より良いスコアーだし、世界中の金融の流れを私にお話ししてくださいます。

言い忘れましたが、ついでに口腔内の健康維持のために歯科の定期検診もお忘れなく(笑)。

誤嚥性肺炎に気をつけましょう。寝る前の歯の掃除が一番。

高齢者はワクチンの接種も受けられます。